潟Oライコテクニカ

製品リスト

糖鎖解析(糖鎖プロファイリング)製品概要

タンパク質の最も一般的な翻訳後修飾の一つに糖鎖修飾があります。実際、大多数のタンパク質には糖鎖が修飾されます。それによってフォールディング、ターゲッティング、リガンド認識、バインディング、安定性、免疫原性、生物活性に変化が起こり、タンパク質の機能が個々の目的に応じて調節されます。

癌、免疫疾患、感染症、再生医療といった4つの主な医療分野において、糖鎖は重要な役割を果たしています。例えば、糖タンパク質が有用な腫瘍マーカーになることはよく知られています。現在、実際の臨床応用で広く利用されているガンマーカーのおよそ半数は、糖鎖マーカーの一種なのです。また感染ウイルスの標的が細胞膜上のレセプター糖タンパク質であることもよく知られています。
これらのことから、複雑な糖鎖構造を迅速・簡便かつ高感度に測定する手法が望まれてきたことはお分かりいただけることでしょう。それにより、糖鎖にフォーカスしたより先進的なバイオマーカー探索、タンパク質製剤(抗体医薬品など)の糖鎖構造簡易モニタリング、iPS、ES、間葉系幹細胞(MSC)、そしてそれらの分化誘導細胞のキャラクタリゼーション、腸内細菌の糖鎖とプロバイオテクス等の開発が推進され、将来的に医療の向上につながると期待されます。

GlycoStation™は、糖鎖プロファイリングにおけるGold Standardlink to PDF

販売製品としてのGlycoStation™ 及びLecChip™営業製品紹介

エバネッセント波蛍光励起法による糖鎖プロファイラー:GlycoStation™ Reader 1200

GlycoStation™ Reader 1200GlycoStation™ Reader 1200は、エバネッセント波蛍光励起法の原理に基づいて、レクチンマイクロアレイを用いた糖鎖プロファイリングシステムの為に特別にデザインされた高速・高感度なスキャナーです。蛍光標識サンプルをアプライした液層状態のままで、洗浄工程無しで測定できます。スライドガラス1枚の測定時間はわずか2分です。

本機の主要部品の変更に伴い、後継機種が2016年6月末にリリースされました。新機種名は、GlycoStation™ Reader 2200となります。

GlycoStation™ Reader 2200のスキャンスピードが大幅に改善されます。1秒露光時=1分40秒からわずか10秒へ(2017年9月より)。





エバネッセント波蛍光励起法による普及版糖鎖プロファイラー:GlycoLite™ 2200

GlycoLite™ 2100GlycoLite™ 2200は、GlycoStation™ Reader 1200の姉妹機にて、同様なエバネッセント波蛍光励起法の原理に基づいて、レクチンマイクロアレイを用いた糖鎖プロファイリングを簡便に行うことができます。

現在、本機は2017年4月にリリースされました。






GlycoStation™ Reader 2200とGlycoLite™ 2200の仕様比較を下記に示します。

GlycoStation™ Reader 2200 GlycoLite™ 2200
スキャン方式 Step & Repeat, sCMOS Step & Repeat, sCMOS
露光時間 133msec - 10sec 133msec - 10sec
EMCCDゲイン none none
検出法 Evanescent-field Excitation Evanescent-field Excitation
液層計測 possible possible
スキャンエリア 13x65mm Standard, 24x65mm at the Maximum 13x65mm
解像度 6.5 µm 6.5 µm
検出感度 250pg/mL 2ng/mL
スキャン時間 10sec at 1sec Exposure time, 50sec at the maximum exposure time 2min35sec at 1sec Exposure time, 9min20sec at the maximum exposure time
光源 Metal halide lamp LED
蛍光波長 Cy3, Cy5, FITC (up to 6) Cy3 monochromatic
ディジタル解像度 16bits 16bits
解析ソフト(Option) GlycoStation ToolsPro GlycoStation ToolsPro
データストレッジ HDD, Exportable through LAN or USB HDD HDD, Exportable through LAN or USB Memory
サイズ 440x592x585mm 304x425x480mm
重さ 65kg 27kg

レクチンマイクロアレイ:LecChip™ Ver.1.0

レクチンマイクロアレイ:LecChip™ Ver.1.0LecChip™ Ver.1.0は、スライドガラス上に7つのウェルを持ち、各ウェルそれぞれに45種のレクチンが並べてあります。一種類のレクチンが各ウェルに3スポット固定化してあります。
搭載されているレクチンとそのレイアウトlink to PDF







比較糖鎖解析をサポートするGlycoStation™専用ソフトウェア:GlycoStation™ ToolsPro Suite ver.1.5

比較糖鎖解析をサポートするGlycoStation™専用ソフトウェア:GlycoStation™ ToolsPro Suite ver.2.0

これらは、GlycoStation™専用の比較糖鎖解析ソフトウェア―です。GlycoStation™ ToolsPro Suite ver2.0は、ToolsPro Ver.1.5の機能をそのままに、Local B/Gを利用することで、スポット輝度の数値化精度を大幅に改善した最新のソフトウェア―であり、益々高精度で使いやすいソフトウェアとなっています。

LecChip™測定用試薬:Probing Solution

専用プロービング・バッファー:Probing Solution; Ver.1.0S/N良く糖鎖プロファイリング・パターンを得るために、サンプル調製には専用のProbing Solutionの使用を推奨しております。この専用バッファーは、サンプルの調整に用いられるのみでなく、LecChipの表面洗浄にも使用されます。








糖鎖解析受託サービス(糖鎖プロファイリング)

レクチンマイクロアレイ、LecChip™と、同じくGlycoStation™ Reader 1200を用いた糖鎖プロファイリング解析受託サービスを承っております。 応用例詳細につきましては、 Applicationsのページをご覧下さい。









培地:間葉系細胞用培地、EC細胞用培地

Culture Media幹細胞用培地4種類があります。容量は250mLにて、ボトル1本からお取扱致します。 成長因子、抗生剤、血清(10%)を含んでますので、そのまま使えます。

商品名 用途 販売価格
Poweredby10 間葉系細胞用DMEM 23,000円
Plusoid-M 間葉系細胞用MSCBM 34,000円
G031101 EC細胞用 17,800円
M061101 間葉系細胞用 19,500円

納期:木曜日までの受注にて、翌週の木曜日までに配送致します。
使用期限:製造後1ヶ月
保存条件:冷蔵推奨、冷凍は避けて下さい。

なお、本製品は、理研BRC医薬基盤研の推奨製品です。


培地:肝細胞用新培地

本製品は研究開発用途にて、それ以外での使用を固くお断り致します。

商品名 用途 販売価格
ESTEM™-5494 肝細胞用 33,000円(500mL), 19,500円(250mL)

納期:木曜日までの受注にて、翌週の木曜日までに配送致します。
使用期限:製造後1ヶ月
保存条件:冷蔵推奨、冷凍は避けて下さい。


培地:世界最先端のiPS細胞用培地"SODATT™シリーズと使い易いESTEM™シリーズ

iPS細胞用培地iPS細胞用培地3種類があります。容量は500mLにて、ボトル1本からお取扱致します。SODATT™-E7は、Serum-free、Xeno-free、bFGF/TGFβ-free、Feeder-freeに対応する最先端のiPS細胞用培地であり、2017年9月販売開始予定です。SODATT™-E8は、bFGF添加の標準的なSerum-free、Xeno-free、Feeder-freeの培地です。ESTEM™-UXは、フィーダー有りでのiPS培養を前提とする培地であり、Serum-free、Xeno-freeに対応しています。

商品名 用途 販売価格
SODATT™-E7 iPS細胞用 20,000円
SODATT™-E8 iPS細胞用 25,000円
ESTEM™-UX iPS細胞用 28,500円

納期:木曜日までの受注にて、翌週の木曜日までに配送致します。
使用期限:サプリメントを添加後、二週間以内にご使用下さい。
保存条件:培地本体は4℃冷蔵推奨、サプリメントは‐20℃保存をお願い致します。

注意点)
  1. ESTEM™-UXは、Feeder-freeではご使用になれません。
  2. Feeder-freeについては、Vitronectinが推奨されます。
  3. 継代時には、Y27632(ROCK Inhibitor)を加えることが推奨されます。
  4. SODATT™-E7には、bFGF/TGFβは添加する必要はございません。
  5. ESTEM™-UXには、bFGF/TGFβは添加する必要がございます。

▲このページのトップへ